スパイクってどれでも同じ?

スパイクの選び方について

スパイクの種類と選び方

野球をしていてスパイクって大事ですよね?
スライディングしたり、守備の時に走ったり非常に重要な道具です。
しかし、スパイクには様々な種類がありますよね。
では、どのようなスパイクを選べばベストなのでしょうか?

 

野球用のスパイクと特にソールに違いがあります。

 

合成樹脂スタッドスパイクシューズ、金属スタッドシューズ、合成樹脂マルチバーバススタッドシューズなどの3種類が主流です。

 

まずは、金属スタッドスパイクシューズです。
スタッドがチタンや鋼材の歯をシューズの裏面に適度に配置した物です。
一番古くから使われている形のスパイクです。

 

メリットとしては、主に天然芝や土のグランドでグリップ力が強いことです。天然芝で多くプレーする人には、向いていると思います。

 

続いて、合成樹脂マルチバーバススタッドシューズです。
合成樹脂マルチバーバススタッドシューズはソール全面が滑りにくい硬質ゴム素材のスタッドでソール全面が覆われています。
メリットは人工芝でのグリップが強いことです。

 

最後に、合成樹脂スタッドスパイクシューズです。
とても硬いプラスティックなどが主な素材です。メリットは万能性で人工芝や土・天然芝のどれでも対応できます。
しかし、天然芝や土のグラウンドでは金属スタッドのと比べてグリップ力が劣ってしまいます。

 

本当、用途にあったスパイク選びが重要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを受け付けておりません。